ブリーダーからミニチュアダックス・ウェルシュコーギー・柴犬・ミニチュアシュナウザーなどの子犬を全国に販売

当犬舎に在籍(取扱いの犬種)の犬種は、すべて交配が可能です。
※下記内容をよくお読みになり、交配をご希望の際は、事前に当犬舎までご連絡ください。

ワクチン接種済みであること。健康状態に問題がないこと。獣医さんで交配する予定だと伝え、健康診断をしてもらってください。(皮膚病や耳ダニなどのチェックや検便など)交配場所は、当犬舎で行いますので、こちらまで連れてきていただく必要があります。通常、発情初日から10日目・12日目もしくは11日目・13日目に二回交配します。※交配の際、1度目の交配で妊娠できなかった場合は、2度行いますが、それでも妊娠しない場合は、メス側の問題(お客様側の責任)となりますので、ご了承ください。

メス犬は、生後8ケ月から1歳ぐらいで最初のヒート(発情)が始まり、子犬を産める体になりますが、1度目の発情では体が充分成長していないので、交配・妊娠・出産の肉体的なストレスに耐えられるように発育・成長する(2歳くらい)まで待ちましょう。交配時期の目安としては、出血が始まった日から10日後〜15日間の間となります。排卵時期の体の変化としては、分泌液が赤から(1日〜10日)ピンクになり(11日〜15日)局部付近に触れると尾を上げて左右に動かし、受け入れるような姿勢をします。一般に、ヒートに入って10日から15日の間ですが、早くなったり遅くなったりすることもあります。交配可能な正確な時期を調べたい場合は、動物病院にスメアー・テストやプロゲステロン・テストを頼んでみてください。メス犬にヒートの徴候が現れたら、当犬舎までご連絡ください。

交配して1週間程度(受精卵が着床するまで)は、激しい運動は避け、出来るだけ安静にさせてあげてください。妊娠〜出産までの日数は63日ぐらいが目安です。妊娠1ヶ月ぐらいまでは、適度な運動をさせた方が安産になります。 1ヶ月程経過すると体重の増加や、乳房の発達、食欲にムラが出る(つわり)などの妊娠の兆候があらわれてきます。餌を替えるなどして栄養価の高いものを食べさせるようにしてください。(栄養の取りすぎにはご注意ください)また、この時期になると、動物病院でエコー検査(超音波検査)などで妊娠を確認する事ができます。

サイトマップ 個人情報について 特定商取引法 リンク
COPYRIGHT © 2007 orientalhawk All Rights Reserved.